したいこと、することのある幸せを応援します。

2019年度活動 養護学校の作業実習(陶芸)の介入のまとめです。

 養護学校の中学生を対象にした作業実習は、作業活動を経験することを学習目標としています。対象学生の障害は、運動障害だけでなく知的、情緒障害を合わせもちます。今回作業療法士2名がかかわり対象学生の特性の把握、グルーピング、作業課題と評価までを教員と協働して行い、実践結果を原がまとめ作業療法学会に発表しました。

 「子供一人ひとりの個性と支援方法」は、17ページのパワーポイント資料(pdf)になっています。 ダウンロードしてお読みください。授業・配布資料として使用される場合、NPO法人(kazuko-h@otsupport.or.jp)までメールでご連絡いただければ幸いです。

 表題:子供一人ひとりの個性と支援方法 サブタイトル:スモールステップの作り方

1.陶芸の特徴:即興性・手指の運動と探索・表現・創造性・照らし返しを    陶芸の特徴として解説しています

2陶芸感覚統合療法の目的 :楽しさと幸せへの道筋をみつける  

3.特別支援教育での陶芸学習:介入過程を解説しています。

4.模倣から造形へ(グループA)の事例紹介です。

5.感覚を楽しむ(グループB)の事例紹介です。

6.7.事例の動作と姿勢、エピソード記録と介入結果です。

8.グループAの作品例です。

9.グループBの作品例です。

10.陶芸の意味探索から考えるstep : 依存・存在・実在・実存・超越の5つのレベルを解説しています。

11.陶芸要素と理論(感覚統合・精神分析象徴性・移行対象理論):

陶芸の要素と3つの理論の関連を解説しています。

12.運動学習の階層性:動作の成り立ちの理論的解説しています。

13.事例の動作発達レベルと脳機能局在を解説しています。

14.運動・筋緊張レベルと反射について解説しています。

15.腹臥位と筋緊張の関連の図を紹介しています。

16. 陶芸による問題解決への過程や手順:動作発達レベルによる問題解決の方法を解説しています。